少林窟道場 (しょうりんくつどうじょう) について

■少林窟(しょうりんくつ)は昭和6年、飯田とう隠(いいだとういん)老師によって大阪府高槻市古曽部(こそべ)の能因法師住居跡に建立された坐禅の道場です。
飯田とう隠老師の没後70年以上を経た現在も建立当時と変わらず坐禅会が続いています。





     道場内の写真


 
禅堂


  
禅堂内



  
修行風景


少林窟 道場

大阪府高槻市古曽部町 3−9−23

inserted by FC2 system